スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ランチ】すし久(和食/三重県伊勢) 

みかんこ旅レポ -伊勢編④-

旅の最終日は、ホテルで軽めの朝食をとって、早めにホテルを出発し、山の中にある天の岩戸へ。美味しい湧き水でも有名らしく、たくさんの空のペットボトルやタンクを持った人たちが来ていました。確かにまろやかで美味しいお水!(最近硬水を飲むことが多いからなぁ。)

そしてお土産を買うべく、本日もおかげ横丁へー。
10時くらいですと、駐車場もラクラクです。

実はここでお昼をとるつもりはなかったのですが、すし久の前を通ると、開店が10時45分からとありました。あと、10分!どうせなら名物「てこね寿し」を頂きましょう。と待つことに。

古い旅館を思わせる店舗です。靴を脱ぎ、2階の広い大部屋に通されました。
窓からは五十鈴川が見えます。

てこね寿し(梅)¥1050
すし久のてこね寿し

いわゆるかつおの漬け丼です。かつおは甘辛く、かといってしつこくありません。
甘めの酢飯は、中部地方の特徴でしょうか?

うなぎひつまぶし¥2100
すし久のひつまぶし

初めて「ひつまぶし」を頂きました!
食べ方は、1杯目「そのまま」2杯目「薬味を載せて」3杯目「ダシをかけて」だそうです。ダシでいただくと、本当にサラサラっと食べれてしまいますね。これなら暑い夏など食欲がない時でも、食べられる。でも、うなぎをこんなにあっさりと食べてしまうなんて、贅沢だなぁ・・・。

そういえば、先日テレビを見ていたら、岸朝子さんがひつまぶしの元祖店「蓬莱軒」を紹介されていました。
ひつまぶしが出来たのは、明治の終わり頃だとか。意外と新しいのですね。番組では、おかみさんが丁寧に説明されていたのですが、そこで初めて愛知県の方言「~なも」を聞きました。こんなに語尾に多用するものなのですね!愛知出身の友人は多いのに、今まで聞いたことがなかったので、なんだか嬉しかったです。

すし久の外観


すし久
住所■三重県伊勢市宇治中之切町20
TEL■0596-27-0229
営業時間■11:00 ~ 20:00

みかんこ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katteniclub.blog52.fc2.com/tb.php/131-99f2497c

伊勢 市 旅館 旅館

伊勢 市 旅館 旅館 !その旅館の名前は伊勢 両国旅館旅行前、方向音痴の私は、場所の確認!グーグルマップが便利です。「三重県伊勢市吹上1丁目6?26」をコピペ。あとは印刷!これで道に迷いません。そして予約の確認。ネットから予約したけど、不安性の私は、電話で

  • [2007/08/10 17:51]
  • URL |
  • 三重県でお勧めの旅館、泊まってよかった! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。